/

この記事は会員限定です

蓄電池向け送電料低減 経産省、再生エネ普及へ参入促す

[有料会員限定]

経済産業省は蓄電池を活用して電力を供給する事業への参入を後押しする。蓄電池に電力をためる際にかかる送電線の使用料を低減し、事業者が収益を確保しやすくする。政府は温暖化ガス排出の「実質ゼロ」に向け再生可能エネルギーの拡大を進める方針。発電量の変動を補う蓄電池の普及も欠かせないため、大型の蓄電設備を運用する新規事業者の育成を狙う。

太陽光や風力といった再生エネは天候などで発電量が減る弱点がある。常に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン