/

この記事は会員限定です

国は「保育所開けて」 自治体の一部「登園自粛を」

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、保育所への登園を巡って、国と一部の地方自治体の見解が割れている。国は原則として保育所を開き、園児を受け入れてもらう考えを示す。一方、都内などの一部の自治体は休園としない国の方針に従ったうえで保護者に登園自粛を求めている。

厚生労働省は7日、首都圏の1都3県に対する緊急事態宣言を受け、保育所は園児を受け入れる「原則開所」の考えを示した。2020年4月の前回宣言時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り906文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン