/

この記事は会員限定です

中銀、格差・環境にも配慮を 慶大教授・白井さゆり氏

展望 コロナ時代(2)

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍に対応した世界的な金融緩和は経済を下支えした半面、資産バブルや格差の拡大も助長した。気候変動といった新たな政策課題も浮上するなか、中央銀行は今後どう動くべきか。元日銀審議委員の白井さゆり・慶大教授に聞いた。

――中銀のコロナ対応をどう評価しますか。

「積極姿勢が目立ったのは欧州中央銀行(ECB)だ。足元の総資産は7兆ユーロ(880兆円強)とコロナの流行前から5割増えた。欧州連合(E...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン