/

この記事は会員限定です

鉄道機構に改善命令へ 北陸新幹線延伸遅れで国交相

[有料会員限定]

赤羽一嘉国土交通相は15日、北陸新幹線の金沢―敦賀(福井県敦賀市)区間の延伸が予定されていた2023年春から遅れることを巡り、建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構に近く業務改善命令を出す方針を明らかにした。赤羽氏は記者団の取材に「ガバナンス(企業統治)や施工管理能力の強化などに着手する」と述べた。

独立行政法人通則法に基づく業務改善命令を出す方針。同機構が改善命令を受けるのは初めて。赤羽氏は機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン