/

この記事は会員限定です

「GDPの外」経済拡大 動画配信など「お得感」25%増

エコノフォーカス

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下で、国内総生産(GDP)では計れない経済活動が広がっている。感染症への対応も背景にデジタル化が進み、低価格でより多くのサービスを受けられる場面が増えた。こうしたお得感を意味する「消費者余剰」は、2020年までの4年で2割以上増えたとの試算がある。GDPの歴史的な落ち込みほど生活水準は傷んでいない面もありそうだ。

東京都港区に住むある30代の夫婦は20年、外出の機会が減ったため定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン