/

この記事は会員限定です

企業の農地取得、解禁見送り 特区限定2年延長

[有料会員限定]

政府は一般企業による農地取得の全国解禁を見送り、国家戦略特区の兵庫県養父市に限る特例を2年間延長する。政府の特区諮問会議の民間議員らが解禁を求める一方、自民党の農水族議員らが強く反対していた。ニーズを2021年度に改めて調査する妥協案に落ち着いたが、日本の農業の課題である生産性の向上は遠のきかねない。

坂本哲志地方創生相が15日の記者会見で明らかにした。関連法案を18日召集の通常国会に出す。

農地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り695文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン