/

この記事は会員限定です

新電力、料金2倍に高騰も 需給逼迫で卸価格が急上昇

(更新) [有料会員限定]

全国的な電力需給の逼迫で卸売価格が高騰し、新電力の経営が厳しさを増している。自前の発電所を持たない事業者では1月分の電気料金が通常時の2倍以上になる恐れも出てきた。長く大手の独占が続いた電力市場で政府は自由化を進めてきたが、新電力が経営の持続性を保つための環境整備が改めて課題に浮上している。

電力需給の逼迫の要因は液化天然ガス(LNG)の調達難だ。日本の発電量の4割弱を占めるガス火力の発電量が減れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン