/

この記事は会員限定です

マイナス金利、資産バブル誘発 強まる富の偏在

日銀・マイナス金利5年(下)

[有料会員限定]

マイナス金利政策は金融機関の行動に大きな変化をもたらした。日銀によると、2020年末時点で銀行と信用金庫を合わせた貸出平均残高は577兆円。5年前に比べて80兆円(16%)増えた。それ以上に伸びたのが資産運用に回るお金だ。

日本投資顧問業協会の会員の契約資産残高は400兆円を超え2倍近くに増えた。近い将来、融資と逆転することが現実味を増す。

膨らむ投資マネーは株式や不動産などに流れ込む。マイナス金利の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り922文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン