/

この記事は会員限定です

消費、11月後半10.9%減 5月以来の落ち込み

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染再拡大で個人消費が低迷している。ナウキャスト(東京・千代田)とJCBがクレジットカードの決済額をもとにまとめた消費データをみると、11月後半は前年同期比10.9%減り、5月後半(13.9%減)以来の大きな減少幅となった。業種別にみると外食は3割減と5月後半以来の減少幅で、旅行は2カ月ぶりに減少に転じた。

外食のうち居酒屋は45%減。11月前半の30%減から急激に落ち込んだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン