/

この記事は会員限定です

企業の農地取得解禁を見送り、坂本地方創生相が表明

[有料会員限定]

坂本哲志地方創生相は15日の閣議後の記者会見で、一般企業による農地取得の解禁を見送ると表明した。兵庫県養父市の国家戦略特区だけで認める特例を2年間延長する。政府の特区諮問会議の民間議員らが全面解禁を求めていたが、改めてニーズや問題点を調べたうえで判断することにした。関連法案を18日召集の通常国会に出す。

農地法上は農業関係者が議決権の半分以上を持つ企業でないと農地を取得できない。養父市は全国で唯一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン