/

この記事は会員限定です

時短協力金に予備費 7418億円の支出決定

[有料会員限定]

政府は15日の閣議で新型コロナウイルス対策予備費7418億円の支出を決め、都道府県向けの地方創生臨時交付金を積み増した。緊急事態宣言によって営業時間を短縮する飲食店への協力金に充てる。

新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言は11都府県を対象に2月7日までの期限で発令している。知事は飲食店の営業時間は午後8時まで、酒類の提供は午前11時から午後7時までに限るよう要請している。時短...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン