/

この記事は会員限定です

かかりつけ医、強化へ制度整備 全世代会議の中間整理案

[有料会員限定]

政府は有識者による全世代型社会保障構築会議(清家篤座長)が近く公表する中間整理案で、かかりつけ医の機能の強化に向けた制度整備を提起する。患者がまずかかりつけ医に行くようにし、難しい手術などを担う大病院と役割を分担することで医療費の抑制につなげる。経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)にも盛り込み、制度設計の議論を本格化する。

中間整理案には、かかりつけ医の機能が発揮できる制度整備を通じ、医療...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り600文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン