/

「国内景気は持ち直し、回復ペースは緩やか」日銀総裁

テレビ会議方式で開かれた日銀の支店長会議に臨む黒田総裁(手前から2人目)ら=14日午前、日銀本店

日銀は14日午前、テレビ会議方式で支店長会議を開いた。黒田東彦総裁は新型コロナウイルスの影響で落ち込んでいる国内景気について「引き続き厳しい状態にあるが、持ち直している」との見方を示した。先行きは「感染症の影響が徐々に和らいでいくもとで改善基調をたどるが、警戒感が続くなかでペースは緩やかなものにとどまる」と述べた。

物価は「当面マイナスで推移する」とした。先行きについては「経済の改善に伴い物価への下押し圧力は次第に減衰していくことなどで、徐々に上昇率を高めていく」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン