/

この記事は会員限定です

ワクチン接種計画、予断許さず 14日にも承認

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの初のワクチンを厚生労働省が14日にも承認する見通しとなった。第1弾でファイザー製のワクチン約40万回分が届くなど感染の収束に向け期待が高まるが、接種が円滑に進むかは不安もくすぶる。ワクチンを計画通り入手できるかが不透明な上、ファイザー製ワクチン用の特殊な注射器など基材の調達が間に合わない懸念もあるためだ。

12日に厚労相の専門部会がファイザー製ワクチンの特例承認を了承したことを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン