/

困窮子育て世帯に給付金 ひとり親以外にも 政府検討

政府は新型コロナウイルス禍で困窮する子育て世帯に臨時の給付金を再支給する検討を始めた。過去2回の支給は低所得のひとり親世帯が対象だった。新たに2人親の世帯も加える。金額は従来と同じく第1子5万円とする案を軸に調整する。

政府は生活困窮者や女性の非正規労働者らへの支援策を近くまとめる。コロナ禍が長引き、ひとり親に限らず生活に困窮する子育て世帯が増えているとの声がでていた。

政府はこれまで2回、児童扶養手当を受給するひとり親の約94万世帯に、第1子は5万円、第2子以降は1人3万円を加算して支給した。2人親世帯への給付の詳細な仕組みは今後つめる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン