/

生保の運用難続く 4~12月期、主要9社で6社減益

生命保険会社の運用難が続いている。12日に出そろった主要9社の2020年4~12月期決算は本業のもうけを示す基礎利益が6社で減った。新型コロナウイルス禍で低金利の環境が長引いているほか、株式の配当収入も減った。

主要9社(日本、第一、かんぽ、明治安田、住友、大同、太陽、富国、朝日)の決算を集計した。日本生命の基礎利益は5%減の4474億円。投資先の業績悪化による株式の減配などが378億円分の減益要因となった。

明治安田生命と住友生命は債券の利息や株式の配当から得られる収入が落ち込み、それぞれ2%、9%の減益だった。第一生命ホールディングス(HD)は投信の分配金が伸びて6%の増益を確保した。

新たな契約から得られる収入を示す新契約年換算保険料は7社で減った。対面営業が難しくなり、歩合給を稼げなくなった営業職員への補償措置を秋まで続けた日生は31%減の2142億円、第一生命HDは40%減の998億円だった。明治安田生命と、保険ショップ向けの保険販売が好調だった住友生命はそれぞれ1割あまりの減収にとどまった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン