/

この記事は会員限定です

上場地銀、半数が減益・赤字 与信費用は1割増どまり

20年4~12月期、政府の資金繰り支援で倒産抑制

(更新) [有料会員限定]

上場する地方銀行78行・グループの2020年4~12月期決算が12日、出そろった。半数強の40行で連結最終損益が減益・赤字だった。新型コロナウイルス禍でも政府の資金繰り支援で企業の倒産が抑えられており、与信費用は1割増にとどまった。コロナの影響が長引けば、融資先の業績が一段と悪化し不良債権として跳ね返るリスクが高まる。

連結最終損益の合計額は6033億円で前年同期より18%減った。地方経済の低迷に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1016文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン