/

この記事は会員限定です

日銀、ETF購入急減 年6兆円の目安削除案も

[有料会員限定]

日銀が上場投資信託(ETF)の買い入れを大幅に減らしている。2021年の購入額は12日時点で計3507億円と7年ぶりの低い水準だ。過熱気味の株式市場で日銀の買い入れがもたらす副作用を意識し、18~19日の金融政策決定会合では株高局面での購入を抑制する政策修正を検討する。日銀内では年6兆円という購入額の目安を削除する案も浮上する。

日銀は21年に入り、ETFを購入する場合の額を1日あたり501億円として...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1085文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン