/

この記事は会員限定です

福島活性化へ移住促進、医療・教育で住みやすく 復興相

[有料会員限定]

平沢勝栄復興相は11日までに日本経済新聞社などのインタビューに応じ、被災地域への移住促進に注力するとの認識を示した。住民の帰還の遅れる福島の活性化に向け、福島県外からの移住者を増やす意向だ。「医療や教育の面から住みやすい街づくりを進め、福島に積極的に移り住みたいと感じてもらうようにする」と述べた。

10年間で30兆円以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り156文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン