/

この記事は会員限定です

ポスト5G基金、2千億円に増額 海外半導体工場誘致も

[有料会員限定]

経済産業省は、超高速通信規格5Gの次の世代の「ポスト5G」や半導体の技術革新に向けた基金を900億円程度積み増して2000億円規模にする。半導体技術で先端を走る台湾や米国などのメーカー工場を誘致し、日本企業との共同研究につなげることも視野に入れる。デジタル時代の核となる半導体開発での巻き返しをめざす。

基金は2019年12月にまとめた経済対策で創設し、これまでに1100億円を投じた。富士通やNECなどの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り344文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン