/

この記事は会員限定です

外貨保険の規制を強化 金融庁、生保に準備金義務付け

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

金融庁は外貨建て保険に関する保険会社向けの規制を強化する。2022年4月にも、支払いに備えて契約者から集めた保険料の一部を積み立てることを義務付ける方針だ。退職金の受け皿として人気を集め、販売が大きく伸びていることに対応する。義務化で顧客保護を徹底させる一方、中小保険会社にとっては負担増で、販売方針にも影響が出そうだ。

生命保険では将来の保険金の支払いに備え保険料の一部を「標準責任準備金」として積...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン