/

いまは夜明け前 「パクスなき世界」を考える

(更新)

古代ローマの人々は平和と秩序の女神を「Pax(パクス)」と呼びました。「パクス・アメリカーナ(米国による平和)」という米国の覇権が衰え、21世紀の世界は米中対立や新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)など、これまでの価値観や秩序を揺さぶる激動が続いています。

コロナ禍で富の格差は一段と広がり、不満や恐怖が社会の分断を深め、民主主義を傷つけています。気候変動や政府債務の膨張といった課題も深刻になり、資本主義のあり方や政策の常識を根本から問い直す必要に迫られています。

必ず日はまた昇ると信じ、夜明け前の暗闇のなかで私たち一人ひとりが進むべき道をもがきながら探る時代だと言ってもよいのではないでしょうか。

連載「パクスなき世界」の第4部では夜明け前の世界に目をこらし、ほのかに浮かぶ未来の輪郭をみなさんと探っていきたいと考えています。

「パクスなき世界」第4部 記事一覧

「パクスなき世界」第4部 識者インタビュー

民主主義再生、法の支配を砦に フランシス・フクヤマ氏(米スタンフォード大シニアフェロー)
グローバル化「5つのR」で再定義を ローランド・ベネディクター氏(伊ユーラック・リサーチ先端研究センター共同所長)
社会に共感される存在意義、問われる企業 秋池玲子氏(ボストン・コンサルティング・グループ日本共同代表)

「パクスなき世界」第1部まとめ読み


成長の女神 どこへ コロナで消えた「平和と秩序」

世界は変わった。新型コロナウイルスの危機は格差の拡大や民主主義の動揺といった世界の矛盾をあぶり出した。経済の停滞や人口減、大国…第1部まとめを読む

「パクスなき世界」第2部まとめ読み


自由のパラドックス 「パクスなき世界」を考える

民主主義が衰えている。約30年前、旧ソ連との冷戦に勝利した米国は自国第一に傾き、自由と民主主義の旗手の座を退いた。かつて自由を希求…第2部まとめを読む

「パクスなき世界」第3部まとめ読み

大断層の先に目を凝らす 「パクスなき世界」を考える

新型コロナウイルスの危機は低成長や富の偏在といった矛盾を広げ、世界に埋めがたい深い断層を刻んだ。過去の発想で未来は描けない…第3部まとめを読む

「パクスなき世界」第5部まとめ読み

歴史を繰り返さぬために 「パクスなき世界」を考える

格差と不平等が常態となり、富の再配分が弱まった社会はもろい。公共心や他者への寛容さを失い、異質なものを安易に排斥。日本の「一億総中流社会」は過去のもの…第5部まとめを読む
  • 著者 : 日本経済新聞社
  • 出版 : 日本経済新聞出版
  • 価格 : 1,870円(税込み)

この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon楽天ブックス

パクスなき世界へ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

パクスなき世界

新型コロナウイルスの危機は世界の矛盾をあぶり出し、変化を加速した。古代ローマの平和と秩序の女神「パクス」は消え、価値観の再構築が問われている。「パクスなき世界」では、どんな明日をつくるかを考えていく。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン