/

楽天モバイルに7度目行政指導 総務省

総務省は10日、顧客情報を漏洩し個人情報保護法などに違反したとして、楽天モバイルを行政指導したと発表した。同社が総務省の行政指導を受けるのは今回で7度目となる。通話アプリを利用する顧客の発着信履歴や連絡先といった情報を、別のアプリ利用者が閲覧できる不具合が2件起きたという。

総務省によると、回線を解約した利用者の情報を、同じ電話番号を付与された別の利用者がアプリで閲覧できるといった不具合が2件起きた。2020年10~11月に発覚した。同社は10日に行政指導を受けるまで公表していなかった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン