/

この記事は会員限定です

人流データ、混雑緩和や防災活用 国交省が全国で実験

[有料会員限定]

国土交通省は街中の混雑緩和や、災害時の人の安全な誘導方法を調査するために、人の移動情報を収集する実験を始める。人の密集度などを調査し、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための方策や災害時の情報発信といった方策につなげる。実験は2021年度に全国約5カ所のモデル都市を選定して実施する。

取得した人流データは個人が特定できないように数値化し、人数や移動方向といった情報を一般にも公開する。データは感染拡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン