/

この記事は会員限定です

特許料、印紙の事前納付廃止へ 口座振替などに切り替え

[有料会員限定]

特許庁は特許料などの支払いのデジタル化を進める。特許印紙で事前にお金を納めておく予納制度を廃止し、対面での手続きを減らす方向だ。早ければ、1年以内にも口座振替などに切り替える。

特許料などの支払いには、あらかじめ印紙の台帳を作っておき、出願時や登録後にかかる料金を残高から引き落とす予納制度が浸透している。口座振替やクレジットカードでも支払いは可能だが、「使い慣れている」といった理由で印紙による予納...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り264文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン