/

かんぽ、ワクチン支援債券に100億円投資 新型コロナ

かんぽ生命保険は10日、新型コロナウイルスのワクチンを公平に分配するための国際的な枠組み「COVAX(コバックス)」を支援する2つの債券に計約100億円を投資したと発表した。内訳は0.6億豪ドル(約50億円)と0.66億ニュージーランドドル(約50億円)。いずれも米州開発銀行(IDB)が発行する。

いずれも償還年限は10年で利率は1.74%と2.045%。IDBがCOVAX支援を目的とする債券を発行するのは初めてで、発行額の全額をかんぽ生命が引き受けた。資金は南米やカリブ海地域のワクチン確保や配布支援に充てられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン