/

この記事は会員限定です

NHK受信料下げ、中計期間ごとに 放送法改正案

[有料会員限定]

NHKの受信料引き下げに向けた放送法改正案の概要が10日分かった。受信料下げの原資となる積立金制度を導入し、NHKに中期経営計画の期間ごとの値下げを義務付ける。積立金には、2020年度末見込みで1450億円に上る繰越剰余金などを充てる。特殊法人としては過大な剰余金について、視聴者への還元を明確にする。

政府は今国会に2月下旬にも改正法案を提出する。積立金には繰越剰余金と毎年度の事業収支差金の一部を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り493文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン