/

2400万回分目減りの恐れ ファイザー製、1瓶6回が5回に

厚生労働省は9日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン1瓶あたりの想定接種回数を1回減らし、5回にすると発表した。接種できる人数が減り、ペースが遅くなる懸念がある。

加藤勝信官房長官は同日の記者会見で「6回採取するには特殊なシリンジ(注射器)が必要で、確保するのは非常に困難だ」と述べた。接種の実務を担う自治体に「5回採取を基本に準備を進めるよう連絡する」という。

ファイザーとは2021年中に1億4400万回(7200万人)分の供給契約を結んだ。厚労省によると、ファイザー側からは瓶1本につき6回分が可能と伝えられていた。瓶の総量が変わらず1本5回分だと1億2000万回(6000万人)分に目減りする。

ファイザー日本法人は「承認前のため容器あたりの接種回数などの運用についてはコメントできない」と取材に答えた。一方で「欧米当局や世界保健機関(WHO)は6回分を推奨している」とコメントした。

日本が確保してきた通常の注射器では6回分に対応できないと分かったのは契約後の1月末だった。注射器と針の接合部分の空洞にワクチンが残るため5回分しか採取できないという。

今後の方針についてはファイザー側と改めて協議する。関連企業にも呼びかけて6回分に対応できる注射器の生産や輸入を可能な限り進める。仮に1瓶5回分で1億4400万回分となれば、ファイザーは供給量を増やす必要がある。

ワクチンは6月までに英アストラゼネカや米モデルナからも供給を受ける。仮にファイザー製が減っても日本全体として供給不足になる懸念は小さいとみている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン