/

非正規比率が初の低下 20年、コロナでパート雇用減

パートタイム労働者の雇用が減っている(東京都内のスーパー)

厚生労働省が9日発表した毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると2020年のパートタイム労働者の比率が調査を始めた1990年以来、初めて低下した。20年の比率は31.14%で前年から0.39ポイント低下した。

90年時点の比率は12.97%だった。毎年、増加を続け15年に30%を超えた。少子高齢化で働き手が減るなかで、主婦や高齢者がパートタイムの形で労働市場に参加したためだ。20年春から本格化した新型コロナウイルス禍で外食などの企業がパートタイム労働者の雇用を一気に減らした。

総務省によると20年の非正規社員は2090万人と75万人減少した。一方、正社員は3539万人と前年に比べ36万人増えた。パートタイムの職を失った主婦や高齢者のなかには、感染を恐れて求職活動を控えている人もいる。こうした人は失業率に換算されておらず、感染がおさまった段階で求職活動を始めれば、失業率を押し上げる可能性がある。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン