/

この記事は会員限定です

電動車、政策後押しでコスト低減

脱ガソリン車 戦略と課題

[有料会員限定]

政府は2030年代半ばに全ての新車を電気自動車(EV)など「脱ガソリン車」に切り替える目標を掲げる。50年に温暖化ガス排出の実質ゼロを目指す日本にとって避けて通れない政策転換。社会全体の負担を軽減しながらハードルを乗り越えていく必要がある。その戦略と課題を検証する。

脱ガソリン車の実現に向けて、政府は政策を総動員する構えだ。燃費規制の強化や高性能の蓄電池の開発を促すための研究支援、米カリフォルニア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1221文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン