/

この記事は会員限定です

通貨揺らすワクチン戦略 英米先行でポンド・ドルが上昇

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種の進捗が通貨の選別を促しつつある。先行する英米では経済がいち早く回復するとの期待感から通貨に上昇圧力がかかり、出遅れ感のあるユーロ圏では通貨高が一服している。「国力」を映す側面もあるワクチンの調達・普及に向けた各国の取り組みを投資家も重視する。

足元の外国為替市場では、対主要通貨でみたポンドの強さが際立つ。9日の東京市場では対ドルで1ポンド=1.37ドル台後半と約2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1137文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン