/

日銀審議委員、中川氏を提示 政府が同意人事案

(更新)
野村アセットマネジメントCEO兼社長の中川順子氏

政府は9日午前、日銀の次期審議委員に野村アセットマネジメント最高経営責任者(CEO)兼社長の中川順子氏を充てる人事案を国会に提示した。6月29日に任期満了を迎える政井貴子審議委員の後任で任期は5年。女性経営者が審議委員に就くのは初となる。

中川氏は1988年に神戸大文学部を卒業後、野村証券に一般職として入社。その後、総合職に転換し、2004年には夫の海外勤務を機にいったん退職した。08年に野村のグループ会社に再就職し、野村ホールディングスで女性初の最高財務責任者(CFO)を務めた。

6人の審議委員のうち、3月末に桜井真氏が退任し、4月1日に専修大教授の野口旭氏が就く。野口氏は金融緩和に積極的な「リフレ派」の論客として知られ、日銀内でリフレ派の影響力が強まるとの見方がある。証券会社出身の中川氏は日銀の大規模緩和の副作用にも一定の配慮をするとみられる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン