/

この記事は会員限定です

20年度税収、8兆円下振れ55兆円前後に 国債100兆円超

(更新) [有料会員限定]

政府の2020年度予算の一般会計税収が当初想定を8兆円程度下回り、55兆円前後となる見通しであることがわかった。米リーマン危機後だった09年度以来の減少幅となる。赤字国債の追加発行が必要で、20年度の新規国債発行額は初の100兆円超えが確実。新型コロナウイルス禍で財政再建の道筋が一段と険しくなっている。

政府はこれまで20年度の国の一般会計税収を63.5兆円と見積もり、過去最高を更新すると想定して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン