/

この記事は会員限定です

緊急事態延長で予備費1.1兆円支出 政府、協力金など

[有料会員限定]

政府は9日の閣議で、新型コロナウイルス対策予備費から緊急事態宣言の延長に対応する費用1兆1372億円の支出を決めた。このうち時短営業の飲食店への協力金に8802億円、売上高が半減した中小企業への一時金に2490億円を使う。市中感染を把握するためのPCR検査にも81億円を計上した。

都道府県が飲食店に出す1日最大6万円の時短協力金は国の地方創生臨時交付金で財源の8割を手当てしている。営業時間の短縮を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り288文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン