/

ファイザーのワクチン、12日に承認可否を判断 厚労省

米ファイザーの新型コロナウイルス感染症ワクチン=ロイター

厚生労働省は8日、米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、12日に製造販売の承認を認めるかどうか判断する審議会の部会を開くと発表した。了承されれば15日に承認し、17日にも接種を始める。

ファイザーは2020年12月、審査手続きを早める「特例承認」を申請した。薬の有効性や安全性を示すデータなどをもとに医薬品医療機器総合機構が審査を進めていた。

報告がまとまったことを受け、厚労省は12日に薬事・食品衛生審議会(厚労相の諮問機関)の部会を開く。医薬品医療機器法では特例承認にあたり審議会の意見を聞くと規定されている。

政府は承認後、まずは医療従事者の接種を始める。4月以降に高齢者3600万人の接種に移る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン