/

1月の銀行預金、伸び率過去最大 9.8%増の806兆円

日銀が8日発表した1月の貸出・預金動向(速報)によると、全国における銀行の預金平均残高は前年同月比9.8%増の806兆1633億円だった。伸び率と残高は過去最高を更新した。企業が銀行からの借り入れや社債の発行を進めているほか、政府の緊急事態宣言の再発令による消費の抑制で法人や個人の預金が大幅に増えた。

全体の伸び率は、これまで最も大きかった2020年12月の9.3%を上回った。業態別にみると、大手銀行などの都市銀行は11.0%増の430兆2691億円。地方銀行と第二地銀の合計は8.5%増の375兆8942億円だった。都銀と地銀のいずれも伸び率と残高は過去最高を更新した。

新型コロナウイルスの感染拡大により、政府は1月上旬に緊急事態宣言を再発令した。企業が手元資金を厚めに確保する動きが続くなか、コロナ禍に対応した給付金の支給も預金増加の一因になった。

全国の銀行と信用金庫の貸出平均残高は前年同月比6.1%増の578兆835億円だった。伸び率は8カ月連続で6%を超え、高水準で推移している。都銀は6.5%増の233兆7215億円、地銀・第二地銀は5.1%増の268兆4099億円。日銀は「企業の資金繰りを注視する必要がある」としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン