/

この記事は会員限定です

第一生命や日生「物言う株主」に一歩 統治改善促す

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「物言わぬ株主」といわれた大手生命保険会社の企業との対話が変わりはじめた。2020年4~6月の株主総会で、第一生命保険は会社議案に対する反対率が前年同期比4ポイント増の17%に達した。日本生命保険は独立性の高い社外取締役の選任を要求し、6割が受け入れた。配当基準も含めれば、2021年までに両社で数百社に改善を促す方針。日本企業の統治改善につながりそうだ。

生保は保険料の運用先として株式を保有する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1018文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン