/

この記事は会員限定です

三井住友海上社長に船曳氏 持ち株会社トップは兼務せず

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

三井住友海上火災保険は船曳真一郎副社長(60)が4月1日付で社長に昇格する人事を固めた。原典之社長(65)は持ち株会社のMS&ADインシュアランスグループホールディングスの経営に注力する。船曳氏はMS&ADのデジタル化を担うグループCDOを務める。事業会社のトップとして保険のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推し進める。

船曳氏は三井住友海上が2020年に導入した、人工知能(AI)を活用した営業支援システム「MS1ブレイン」の開発を主導し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り460文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン