/

この記事は会員限定です

小泉政権の規制改革、過半が不十分 医療・教育で停滞

[有料会員限定]

小泉政権肝煎りの規制改革が放置されたままになっている。2004年に閣議決定した実行計画で重要17項目と位置づけた規制のうち、少なくとも半分は実現に至っていない。当時から岩盤規制とされた医療や教育分野の停滞が目立つ。有識者からは、規制改革を重視する菅義偉政権での加速を求める声が出ている。

04年の改革は当時の小泉純一郎首相が主導し、オリックス会長だった宮内義彦氏が議長を務めた総合規制改革会議で具体案をまとめた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン