/

この記事は会員限定です

再生エネ、規制緩和で上積み探る 現行政策でも4割増 

(更新) [有料会員限定]

経済産業省は7日、2030年度の再生可能エネルギー導入量の見通しを示した。固定価格での買い取りなど現行の支援政策を維持した場合、全体の導入量は4割増える見通しだ。同省は関係省庁と連携して上積みを探る方針で、太陽光発電や風力発電が設置しやすくなるように環境影響評価(環境アセスメント)の効率化や荒廃農地の利用促進など規制緩和を強化する。

総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の小委員会で示した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン