/

この記事は会員限定です

賃上げ税制見直しに映る「官製春闘」終えん

経済部・辻隆史

[有料会員限定]

安倍晋三前首相が第2次政権を発足させて以降、政府が経済界に賃上げを呼びかける「官製春闘」の流れが続いてきた。新型コロナウイルスの感染拡大で状況は一変。多くの企業はこの先の成長より存続することに重きを置くようになってきた。昨年末の政府・与党の税制改正論議にも、コロナを受けた企業、政治、官僚の変化がにじんだ。

政府・与党が官製春闘の流れを税制面から後押ししようと導入したのが賃上げ税制だった。現在は大企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン