/

この記事は会員限定です

経済安保、民間が協議へ 新組織で技術管理など分析

[有料会員限定]

経団連に加盟する大企業を中心に経済安全保障について話し合う新組織が近く立ち上がる。名称を「国際経済外交総合戦略センター」とし、経団連前会長の榊原定征氏が代表理事に就く。企業のビジネスが国家の安全保障とかかわるケースが増えており、技術管理のあり方や外交問題などを幅広く議論し、民間からの情報発信を強化する。

センターの運営には経団連が協力し、経済安保や防衛・外交に関心を持つ企業に参加を呼びかける。日本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン