/

この記事は会員限定です

長期金利の変動幅拡大「必要と思わない」 日銀総裁

[有料会員限定]

日銀の黒田東彦総裁は5日の衆院財務金融委員会で、プラスマイナス0.2%程度とする長期金利の変動幅の拡大について「必要とも適当とも思っていない」と述べた。金利の上昇加速を許容しない姿勢を示した格好で、長期金利は急低下(債券価格は上昇)した。

日銀は新型コロナウイルス禍で2%の物価安定目標が一段と遠のいたとして金融政策の点検を実施している。結果は18~19日に開く金融政策決定会合後に公表する。金融機関の収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン