/

この記事は会員限定です

ドルが占う世界経済 下落基調、理論値さらに1割安

チャートは語る

[有料会員限定]

下落基調のドルの動きが今年の世界経済の焦点になりそうだ。各国の通貨との対比でみるドルの実効レートはコロナ後に1割下落。政府債務などを考慮した理論値はさらに1割安い。バイデン政権の巨額の財政支出も下押し圧力となる。通貨安と物価上昇が連鎖して進めば、金融引き締め観測を招き市場が動揺しかねない。ドル高に進んでも新興国などの債務危機を招きかねず、金融当局は難しいかじ取りを迫られる。

国際決済銀行(BIS)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1304文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

チャートは語る

日本経済新聞社はデータ分析を強化します。「チャートは語る」では様々なデータの分析で経済や市場、企業などの潮流を浮き彫りにします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン