/

この記事は会員限定です

教育から始める地方創生 草本朋子氏 

白馬インターナショナルスクール設立準備財団代表理事 

[有料会員限定]

長野県白馬村を流れる松川で、中学生と英国人の科学の先生が雪解け水の冷たさに思わず悲鳴を上げる。河原の石をダムにして、自作の水力発電装置で発電量を競う。今年で5年目となる白馬インターナショナルスクールのサマーキャンプの一コマである。

いまは季節限定だが、2022年に中高一貫の全寮制インターナショナルスクール設立を目指している。北アルプスの自然の中、環境や社会の持続可能性を学ぶことにカリキュラムの主軸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン