/

この記事は会員限定です

CATV、5Gで高速無線通信 地域DXの基盤目指す

[有料会員限定]

全国のケーブルテレビ(CATV)各社は、2021年春にも地域限定の高速通信規格「ローカル5G」を使った無線通信サービスに乗り出す。CATVは約5割の世帯が利用し、自治体との結びつきも強い。家庭向けインターネットのほか、遠隔教育や在宅勤務への活用など地域のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支えることを狙う。

総務省は12月中にローカル5G向け電波の次期割り当ての受け付けを始める見込み。CAT...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り539文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン