/

この記事は会員限定です

総務省、NTT役員認可に権限 幹部と社長が会食

(更新) [有料会員限定]

総務省の谷脇康彦総務審議官がNTTの澤田純社長と会食した事実を認めた。同社は取締役の選任などで総務相の認可を受ける。グループのNTTドコモも携帯電話電波の免許をもらう立場だ。会食は許認可を与える相手からの違法な接待にあたる可能性があり、通信行政の透明性が問われる。

NTTは1985年の民営化後もNTT法の縛りがかかっている。持ち株会社のNTTと地域会社のNTT東日本、西日本の両社は固定電話サービス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り744文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン