/

この記事は会員限定です

デジタル市場、競争で技術革新促す 公取委・本社シンポ

[有料会員限定]

公正取引委員会競争政策研究センターと日本経済新聞社は5日、国際シンポジウム「新時代の競争政策の在り方~経済格差・イノベーション~」をオンラインで開いた。日米の専門家が出席し、巨大IT(情報技術)企業による寡占が進むデジタル市場で、競争政策でどのように技術革新を生み出すか議論した。

冒頭であいさつした公取委の古谷一之委員長は「データの利活用が競争の優位性につながり、一部の企業が急速にシェアを拡大して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン