/

この記事は会員限定です

大手銀行、店舗の営業継続へ 緊急事態宣言でも

証券・保険は非対面を強化

[有料会員限定]

政府が再発令の検討を始めた緊急事態宣言に対して、金融機関は基本的に昨年の宣言時の対応を踏襲する方針だ。昨年も資金繰り支援のため店舗を開け続けた銀行は今回も店舗での営業を継続する考えだ。保険や証券各社も非対面の営業や出社抑制の取り組みを進める。今後、政府の要請内容を踏まえて具体策を検討する。

3メガバンクやりそな銀行などは店舗での営業を原則、続ける方針だ。休業する施設内にある場合を除いてATMも通常通り稼働する。全国銀行協会は昨年の緊急事態宣言時に定期預金の解約や融資相談などを「重要業務」、定期預金の預け入れや、運用商品の購入、両替などを「不急業務」として例示。出社抑制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り610文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン