/

システム会社への追加出資を完了 りそなHD

りそなHDは追加出資を通じ、日本IBMとの連携を強化する

りそなホールディングス(HD)は4日、共同出資しているシステム会社に追加出資したと発表した。日本IBMから株式の一部を数億円で譲り受け、出資比率を15%から49%に引き上げた。会社名も同日付で、ディアンドアイ情報システムから「りそなデジタル・アイ」に改めた。

共同出資会社は主にりそなHD向けにシステムの開発や運用を手掛けている。りそなHDにとって持ち分法適用会社との位置付けは変わらない。今回の追加出資は日本IBMとの連携強化と位置づけている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン